SSブログ

映画「火葬:化粧」アンソンギ主演 [映画]

映画ネタは、観たものをキチンとupしているかと思っていたら抜けまくりでした...
facebookには書いたけどblogに書いていないままのものが多数でした。
昨年、一昨年観たものなどは、今年日本公開、WOWOWでの上映など目白押しなので、感想と見所など書いていこうと思います。

とはいえ、今日紹介するのは、今年の4月公開の映画です
明日からの 駐大阪韓国文化院の「第一回大阪韓国映画祭」の上映作品になっているので、慌ててのご紹介(^^;)

fajyon.jpg

国民的映画俳優・名優 アンソンギ主演の「火葬:化粧」
「第一回大阪韓国映画祭」での上映日時は、11月14日(土)10:30~ / 11月15日(日)18:10~

衝撃的な話題作となっていたことは知らずに、
映画プロデューサーの息子として生まれ、子役時代からずっと一線級の俳優で、そしてドラマには出演せずに一貫して映画に出演していた俳優のアンソンギの主演だからと、特に前情報もなく、行きつけの映画館の朝上映で観られるタイミングだったので鑑賞したのですが....

もー、驚いたのなんのって....

ストーリーは、大手化粧品会社の常務のアンソンギは、癌で闘病中(入院中)の妻の介護を献身的にしつつ、仕事でもしっかり役割をこなしている男性なのですが、
あるとき若くて美しい部下の女性に心惹かれてしまい、彼女の態度から妄想→暴走という側面も帯びつつ、揺れ動く男心を描いている内容なのですが、
冒頭が妻の葬儀の様子を表す火葬、
勤務する会社が化粧品会社ということで、ポスターでは、タイトルの화장(ファジャン)に化粧と火葬の漢字の二つの単語が並んでいます。発音が同じなんです。それをかけて作った映画ですね。

なにが衝撃かって、病床の妻の下の世話をするシーンがあるのですが、
奥さん役の女性は下半身下着なしで、アンソンギがそれを洗うという場面が出てきて、
映画ってここまでするの?って驚いたんです
で、その夜会った友人に、映画 화장(ファジャン)見てきたんだけどさ、驚いたのなんのって...
と、話したところ、
日本よりも衝撃的なシーンの多い韓国映画界でも、かなりの衝撃として話題になっているとのことでした。

映画はいたって真面目な内容です
ただ、最後のシーンも理解し難いし、見終えて、なんとなくモヤモヤ感の残る映画でした。

公式サイトはもうなくなってしまっているようですが、下記のDaumのサイトに写真があるので、関心のある方はアクセスしてみてください。
http://movie.daum.net/moviedetail/moviedetailPhotoList.do?movieId=81284&t__nil_upper_main=thumbnail

大阪韓国映画祭のサイトにも映画情報があります

ちなみにアンソンギの映画は以前紹介したチョンウソン主演の「神の一手」のほか
古くは、「シルミド」、「韓半島」、
2010年以降だと、ハジウォンとオジホが出演していた「第7鉱区」、
「タワー」(ポール・ニューマンの「タワーリングインフェルノ」を思い出させる高層ビル火災の映画)
オムテウン・キムミンジュン主演の「トップスター」

そして何と言っても、アシアナ航空が機内で行っているユニセフの募金のCMにイビョンホンと一緒に出ていることで知られていますよね。
2014年には、募金総額が100億Wに達したとの報道がありました。
http://flyteam.jp/news/article/44147/283

アシアナの機内募金「Change for Good」私も小銭は寄付するようにしています。
本当に塵も積もれば山となるですね。日本円で10億円ってことですよ。すごい!!!
映画から話が逸れてしまいましたが、毎度のこととご勘弁ください(笑)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ヒョンビン主演 映画「逆鱗」邦題:王の涙ーイ・サンの決断 [映画]

2014年4月30日韓国で公開 日本公開は昨年12月だったのですね。
私は韓国で、公開当日に、配給会社でもあるロッテのロッテシネマで観ました。
ヒョンビンは顔が細すぎて、苦手な顔立ちですが、シークレット・ガーデンは面白かったし、なにせ映画の内容は思悼世子(サドセジャ)とその息子イサンこと正祖に関わる話で、絶対見たい〜と思っていたので、公開初日に仕事が終わってからダッシュで駆けつけて観たのですが、すっかりupするのを忘れていたネタの一つでした。ま、その理由もあるのですが。

8日(日)にWOWOWで放映なので、
王の涙ーイ・サンの決断
せっかくですから、ファンの方のために、当初2014年5月公開予定であった時のチラシと、4月30日公開確定時の見開きチラシの2パターンをupしますね。

公開前のチラシの両面 5月公開予定時点のものです 
※すべてのチラシはクリックすると大判で見られます

yokurin02.jpg

yokurin04.jpg

そしてこれが公開時のもの

yokurin1.jpg
yokurin03.jpg

なかが見開きでこんな感じになっています。主要キャスト勢ぞろいでなかなか見ごたえある感じですよね!なので、期待大だったんですよ。観る前は...

yokurin01.jpg

裏面はちょっと大きめにしておきました。

yokurin05.jpg

イサン暗殺計画の24時間を描いた映画なのですが、どれだけの駆け引きかーと期待して行ったのですが...
うーん。
確かにチョンジェヨンも、チョジョンソクも、パクソンウンも毎度の安定した演技力で魅せてくれるのですが、いかんせん脚本の問題なのか、なんなのか、
私には、単にヒョンビンを美しく見せるだけの映画という印象しか残らなかったぐらいのちょっと残念感でした。
鑑賞後、韓国の友人たちにこのコメントを伝えると、
「除隊後復帰作だからね」と判で押したように返ってきたので、ま、みんなも同じように思ってるのかということで、張り切って観に行った割には、部屋に戻ってさあて、ブログに〜なんて前のめりな気分になれなかったわけでした。そうしている間に忘却の彼方で失礼いたしました。

そんな映画でも(失礼!)一見の価値ありなのは、ハンジミン!!!

見開きチラシで、悪女の表情に、えーーもしや英祖の貞純王后?!と驚いた訳ですが、
彼女のそれまでのイメージは、ドラマ「イサン」の側室ソンヨン役や、チャングムの誓いでもチャングムことイヨンエを助ける親友の役
パクユチョン主演の「屋根部屋のプリンス(オッタッパンワンセジャ)」のコミカルさもある演技でしたので、悪女役なんてともかくビックリでしたが、
セクシーなシーンも含めて、熱演で、最もインパクトありました。
その点、観てもらえたら面白いかなと思いますよ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

済州コスメの追加情報 [済州島]

済州コスメの記事に追加情報です
関心を持ってくださっている方が結構いるようなので、ご案内旁々(^^)/

社会的企業である営農組合法人サンセミという組織の製品です

先日紹介したように、写真左のクリームと真ん中の「太古の神秘」が同社の製品です

cosme.jpg

サンセミのサイトで紹介されています
美白とリンクルケアのエッセンス
アンチエイジングのクリーム
韓国語ですが、例えばKonestのURL翻訳ページにURLを貼り付けると日本語訳が読めますよ。
韓国語URL翻訳

贈答セット買いたかったなぁと思うばかり。。
過日紹介した「韓律」よりも肌馴染みが良くて、スーッと入る感じで気に入っています。
次回済州へ行く際があったら絶対に買い出ししてきたいと思うぐらい。

そうそう、製造企業がロッテなんですよ。なので、ロッテ免税店だったら売ってるかもしれませんね!
ソウルの孔徳駅地下直結のロッテキャッスル(ロッテシティホテル麻浦)の地下にあるロッテスーパーでも済州製品のミニコーナー(食品)がありますから、済州製品に力を入れているのかしら??

ちょっと話が逸れますが,,,
ロッテといえば、もっぱらこの話題で持ちきりですよね。壮大な兄弟げんか...
新聞でもこんな風刺漫画まで出ているほど。

lotte.jpg

関心のある方は、下記にハンギョレのリンク入れておきますので、ご一読ください
10月だけでもこんなに次々報道されていました。
韓国人の友人に聞くと、兄の辛東主(重光宏之)ロッテ前副会長が、韓国語がほとんど話せない様子がニュースのインタビューで報道されたことが、多くの韓国人がショックを受けたと言っていました。在日同胞とはいえ、第一言語が日本語である現実を見せられて、ロッテは韓国企業じゃないのか?!という騒ぎにもなったほどだそうですよ。

2015.10.27 辛東主ロッテ前副会長「日本人経営陣がグループを奪おうとしている」
2015.10.21 形振りかまわぬロッテお家騒動…兄弟でロッテホテル34階統制権争奪戦
2015.10.14 ロッテ内紛…前副会長が光潤社代表取締役の辛東彬会長を解任
2015.10.8 ロッテ辛東主前副会長「父親の委任を受け訴訟」と反撃
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容