SSブログ

ユヘジン主演の映画「ラッキー」Luck Key [映画]

昨年観た映画、「哭声」、「お嬢さん(アガシ)」、「阿修羅(アシュラ)原題はアスラ」アップし忘れているうちに、日本でも公開になりましたね(苦笑)

おって、いくつかのネタをアップしたいとは思っています。
「アガシ」と「阿修羅」の間のコンユ主演の「釜山行き」の方が後の公開ですね。不思議。

どれも結構疲れる映画で
アガシは、笑っちゃう内容など書きたかったのですけど、寝かせ過ぎましたね(苦笑)

実は、去年観た映画の中で一番ウケたのがコレ!

ユヘジン主演の「ラッキー」

luckkey.jpg

Luck Key 
誰かにとっては、「鍵をなくす」
まさに、Luck Key 

それは、誰かにとっては、とっても「ラッキー」

なくしものは、「ロッカーのキー」

ロッカーを韓国語で発音すると限りなく、Luckに聞こえますから、ダブルミーニングならぬ、トリプル
三重の言葉遊びではないかと思うタイトルです。

原作は、日本映画「鍵泥棒のメソッド
ユヘジン役が、香川照之
イジュン役が、堺雅人 です。

私としては、韓国の配役の方がベストマッチだったように思います。

そんなに期待されてない公開だったようですが(失礼!)
公開と同時に、アレよアレヨという間にヒットした作品で、
すんごい話題になっていたんです。

コメディジャンルで最短の2週間で500万人突破で、「怪しい彼女」の記録を塗り替えた映画なんですよ。

映画好き、
そして、ユヘジンの演技力は折り紙付きですから
見たーい!と思って、
毎度ながらの帰国日に朝一駆け込みで見てきた映画でした。
(学会の打ち上げで三次会で退散しての(笑)翌朝、よくガンバっていきました!)

売れない役者のジェソン(イジュン:彼は、「風の便りに聞きましたけど...」を含め、情けない役が合いますね〜笑)が、もはやすっからかんの状態で家賃も払えず、部屋は追い出されそうだし、路頭に迷う羽目になりそうになって、自殺をしようとするのですが、これまた、上手くいかない人生ってそういうもの
っていう感じで、自殺すらも上手くいかず、近所の銭湯へ

一方、凄腕の殺し屋ヒョンウク(ユヘジン)は、「仕事」の汚れを落とすために、銭湯へ行き、ジェソンとロッカーで隣り合わせるのですが、
高級時計に分厚い財布
当然、ジェソンは気になって。。

そしてお風呂場で、
先に入ったジェソン
そして、後から入ってきたヒョンウク
な〜んと、落ちてる石鹸に足を滑らせて、すってんころりんどころか
宙に浮いて、すごーい状態で、すっ転び、
頭を打って、気絶

もー、このシーンのスローも面白過ぎます。
古典的で、ドリフ並みなんですけど(ああ、昭和な言い方で通じますでしょうか。。笑)

そんな時に、ジェソンの足元に飛んできたのは、ロッカーの鍵

一度は知らんぷりするも、
んん??なんと、あの高級時計と財布のあの男のロッカーの鍵じゃんと。

で、素知らぬ顔で取り替えて、
高級車に乗って、カーナビで、彼の自宅へ
(意気揚々と銭湯から出てくるところとか、車を探すところとか、もうみんな面白いんですよ〜!)

一方、救急車で運ばれたヒョンウクは
目覚めても記憶喪失。。。

救急隊員のリナから、
あなたのロッカーに入っていたものですと差し出されるものは
全く記憶にない、
ボロボロの洋服と住民カード

そこに書かれている年齢が!!!

だってね、年齢が。。。
ユヘジンは、20代に見える訳ありませんから、涙が出そうに笑いました。

その年齢を言うシーンとか
部屋に帰って、ありえないほど汚い部屋のシーンとか
もう、震えて笑ってました。

そんな二人は、入れ替わって、人生を送るのですが

売れない役者なのですが、
根っからの真面目さ(?)のおかげと
殺し屋として身についた技が幸いするはで
役者稼業はなんとかうまくいくのですが
その間のシーン一つ一つがもう面白くって、
「底抜け!」って古いギャグを盛り込みたくなるぐらいです。。

一方、リナの実家のキンパ屋さんの食堂では
芸術的な包丁さばきで話題になるは
高校生たちの反応の様子とか、もー、本当にウケます!

ともかく、年齢ネタは、毎回反応して笑ってしまいます。

一方、ジェソンは超高級マンションに驚き
ご機嫌に生活を満喫
まさに、湯水のごとく、金は使うし

整然と整理されている部屋や洋服の数々
ワインとか
そして、殺し屋の道具とか
ジェソンの部屋と正反対に整理されている様子がまた見ものですね。

当然ながら、殺し屋としての依頼の連絡も入ってくる訳で...
オドオドしながらも、
おいおい、と思っちゃうような大胆さとか
抜け加減は、イジュンにピッタリの役ですね〜ー。

そして恋愛ネタもありな訳ですよ。

ソンスンホン主演映画「人間中毒(邦題は、情愛中毒)」(これも紹介し忘れてましたね。facebookにだけ書いて、書き忘れてた映画が多数あるんですよね。。)出演後、
「韓律(ハンユル)」のCMキャラクターとなり
ドラマ「上流社会」、「テバク」でブレイクしたイムジヨンが、
同じマンションに住む謎の美女を演じ

そして、救急隊員のリナは、チョユニ
彼女はキュートですよね〜。
一所懸命さとコミカルさと これまたハマリ役!

まさか、ユヘジンと恋に落ちるなんて、想像もつきませんよね

でも、まさかの展開も含め

笑えて、ほんわかする部分もありで、
ホントに大満足の映画ですので、

是非、皆さんにも見て欲しいです〜〜
8月に公開だそうです。

http://eiga.com/news/20170321/20/

なんと、オフィシャルサイトオープンしてます!
LUCK-KEY/ラッキー 俺は誰なんだ?! http://klockworx.com/movie/m-405151/


映画のシーンは、こちらからご覧ください!

http://movie.daum.net/moviedb/main?movieId=95647

写真のリストはこちら

http://movie.daum.net/moviedb/photoviewer?id=95647#1120834/PhotoList